こどもキャンプ

やりたいこと、たのしいこと、すてきなことは、自分で見て、かんがえよう。
やりたいことを自分(じぶん)できめて、なっとくするまで、やってみよう。
夢中(むちゅう)になれることを、自分でかんがえて見つけよう。
努力(どりょく)だけでなく、『夢中になる』ことがたいせつ。
自分の夢(ゆめ)や、将来(しょうらい)を、前向(まえむ)きに自分でかんがえきめること。
自分の手と体で、いろいろなものを作り出せる、その可能性(かのうせい)。
それを感(か)じてみよう。
豊(ゆたか)かな自然(しぜん)の中で、心と体と頭を使って、自分の『本当にやりたいこと』を探索(たんさく)しよう。
自分の『夢』や『目標』を、実践・実現(じっせん・じつげん)している大人と、その場所と出会い体験(たいけん)しよう。

遊びも、人とのつながりも、生活も、大人が決めた決まり事でなく、みんなで考えその時、その場で作ってゆきます。
プログラムも、集まった子どもと話しながら、みんなが心地よくすごせるものにしてゆきます。
こどもキャンプは、そんなちょっと変わった体験キャンプです。


いちばん新しいおしらせ

テスト

最新情報一覧